ホーム > 芸術 > 神経質に気になり過ぎていた

神経質に気になり過ぎていた

数年前に接客業の仕事に就いていた事もあり、体臭には人一倍気を使っていました。例えば体臭に効くボディーソープがあると聞けば、すぐに手に入れて試した事もあります。またお昼ご飯も、匂いのきついものはなるべく避けてサッパリしたものばかり食べていました。制服も毎日は洗濯出来ないので、その時は消臭スプレーをかけて行ったものです。

また体臭だけでなく、口臭にも気を遣いました。ご飯を食べた後は歯磨きを行ってから、仕事場(売り場)へと出ていました。しかしここまでしても、体臭は気になるものです。お客様から匂いに関するクレームは無かったものの、当時は「お客差様はもしかして気を使ってくれているのか」と思っていた程です。

今は仕事を離れて、幾分気は楽にはなりました。むしろその反動で、ズボラになった気がします。本当は今でも気を遣うべきでしょうが、ピリピリし過ぎるとどうしようもありません。多少気はつかいつつも、匂いに対しては楽観的に考えるようにしています。

わきがを克服するには独力では限界がある


関連記事

神経質に気になり過ぎていた
数年前に接客業の仕事に就いていた事もあり、体臭には人一倍気を使っていました。例え...
テスト
テスト記事です。...